理科実験

指紋の研究

冬休みに入りましたよ~。新築の家の工期がだい~ぶ遅れまして、工務店とのやりとりに疲れている感じです。。

冬休み、昼ごはんをつくることが大変・・・。ほとんど1週間にまとめ買いをしているのですが、もうね、レジとか私の後ろは絶対ならばない(買い物カゴにてんこもり2つ分ですから。。)だけれど、それは普段の日の話。昼をつくるとなると、あと何回かは買い物にいかねばなりませんなあ。。

さて、時間もあるので、指紋の実験と研究をしてみました。

1、まずは指紋とはなんぞやをしらべて書く

2、家族の指紋をハンコにしておしてみる。その違いをしらべる。グループわけもできます。

3、画用紙に指をしっかりおさえます。この指紋をうきあがらせる方法を考えます。

4、その方法の1つが、ヨウ素液を蒸気のようにして画用紙にあてると浮くという方法。

5、もう一つが、透明のプラスチックなら、化粧品の粉をふりかえるだけで見えるという方法。

ヨウ素液、こんな感じで、蒸気にしました。

1

画用紙がみんなの指紋です。笑

案外、むずかしくて、私のだけしっかり浮き出ました。なんどかやったんですが、なかなかむずかしかったですね。

これを、まとめてレポートにしたというわけです。

長男、次男は大騒ぎ!楽しかったです。このレポートは冬休みの宿題と一緒に出す予定ですが、三男君もかきたがる 笑。

でも、まだまだレポートはね。かけないです。2人のかくスピードにおいつくわけもなく・・・

だけれど、しもん と大きくかいて、その子なりにしてあげれば一緒にしている感がでますよね。

なんか、一緒にしている感が楽しいんですよね。来年の目標は「みんな一緒に楽しく」かな。目標じゃないよな。。。

理科実験はこれからたくさんやってあげようと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村 <

| | コメント (0) | トラックバック (0)