思考力問題

長男君の算数能力

今度ね、算数オリンピックのキッズBEEなるものを受けようって言ってたんですよ。でもね、私算数とか全然だめで、テキストは渡してあげるから勝手にやるならやって 笑、っていう感じでいたんですね。

で、長男くん、2年生の終わりごろから担任の先生に朝教えてもらうために、めちゃくちゃ早く学校にいってたんです。

それでも、キッズBEEの問題集なんて難しく、できても1日2問ほど・・・ふーんやっぱり、こういうところに出る子はすごいんだなあって影でみていたわけですよ。

そんなこんなで月日が流れて、つい1週間前あたりから、急にめちゃくちゃできるようになったんです。

それが、はっきりいって不気味な解き方をします。

どんな難しい問題も、かかないんですよ。40秒ほど見つめていて、急に答えを出す。1問1分程度でときだしたんです。

ちょっとね、こわくなって・・・頭、大丈夫?っていったほど。プロセスとか、なんかそういうの説明はできなくて、頭で数とかがかけめぐって解けるようになったとか。

それで、大人のなぞぺーっての買ってあげたんです。51問入っていて、こんなん解けるかよってのがたくさん入っている。それが、2日で終える事態に!!1問1.2分で解くんですよ。見ているだけで、確率や、分数さらに二乗まで解説にはのっている計算式までやってのけている。いや、そんな計算式しらないはずなんです。でも頭がわかるようになったって?!!

今日は、算数オリンピックキッズBEEのトライアル6問とファイナル6問をときました。それも、30分たらずで・・・しかも正解しているし。

確かに、これってすごいことなんですがね。

どっか頭うってないよね、って私まじで聞いたんですよ。すると、学校の最寄り駅でこけてコンクリートで頭ぶつけてん。それから、何か急にわかるようになってん。って!!マジかよ。大丈夫??って心配になりました。たしかに、たんこぶがありましたよ。。。

すごいんですよ。すごいんだけれど、こうイメージが違ってね。努力して努力してやりぬいて考え抜いて、算数オリンピック目指すという感じが私の考えていたことなだけに・・・なんかね。

もし、こういう能力があるとしたのなら、ちゃんと、心がついていけるように育てていかなければなあとほんとに思っています。

すごいよね。でも簡単な問題をバカにするようなヤツになるな、ということ。その能力をちゃんと人のためにいかせるような人にならなければいけませんね。

私が目指すのは、人間力ですから。

・・・・ということで、今度キッズBEE受けてきますが、ファイナルにいけたらいいなと思っています。

ほんとはね、そんな才能があるのなら、塾なんかいって伸ばしてあげられるのかもしれないですがね。はい、家にある問題集でがんばってくださいって感じです。私が全く教えられませんから 笑。いうことはいつも一緒、簡単だと思ってバカにする発言したらあかん!何ごとも全力でぶつかれ!それは人生と同じ!どんなことでさえ、全力で生きるんや!!

なんの指導や 笑。そう、私が教えるのは人間力だけですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

しりとりの思考力

以前、記事にかいた「もじころ」ですが、新しい使い方を開発しました!

もじころの積み木を全部使って、しりとりをつくりますよ。次男くん、うーんってなかなか考えて集中していたので、結構よかったです。

今回は、あくまで遊びとして、次男くんがはじめたことですよ 笑

しりとりになるように、たて・よこ・たて・・・と積み木を並べます。全部つかうところが難しいところですね。

これが次男くんの作ったしりとり。

Img_1811_2 上から、あし→しか→かかし→しりとり→りす

いいですね~

で、もういっかいやろっていって、次につくったのがこれ↓

Img_1812_2 おり→りんご→ごみ→みき→きく→くま→まり

*は濁音OKなのでね。

次男君、2回つくったら、違うことしよ~って片付けていきました。

遊びなのでね、いいですよ。お勉強の中にとりいれるときは、時間計るとかして、しますけど。こういう、遊びっていいですよね、してくれると。

遊びとして、してくれないときは、お勉強にくみこんじゃえばいいですね。お勉強の中にあると、なになに?なにするの?ってちょっと楽しいじゃないですか 笑

もうちょっと、したら三男くん(2歳)のひらがなのお勉強に使います♪

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

具体物特訓

さて、アサガオをベランダにうえましたが、芽がでてきました。

↓こういうことを、子供たちでワイワイするのは本当に楽しいですね。

Img_0676 特に、次男は喜んでいます。昨年は、あんまりわかんなかったのかな?この1年でそういう感動している姿をみていると、成長したなあ・・・って思います。

長男は、学校でもしているみたいで、石は入れないほうが早く咲くだとかアドバイスしてくれました。

さて、次男は今、思考力を養成すべくお勉強にとりくんでいます。プリントを使用するのは、ほんのちょっと。。。

それでも、よく聞いてなければ。。。と脳をつかっているような気がします。これがすごく「聞く」という脳をつくる大切なことなのですね。

具体的には、どんな問題集でもいいのですが、それを片手に具体物で解かせるだけのことです。

今日は、数を主にしました。

むちゃくちゃ楽しかったみたいですね。。。最近、プリントが出来なくて、イラっとした感じもあったからなあ・・・・(反省・小学校受験なんてものは、みんなこの戦いですよ)

具体物になると、親も楽しい、子も楽しい。。。できるだけ口をはさまずに、自由に思考させます。口だしめっちゃしたいんですがね。。。笑

また、詳しくアップします。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思考力養成時期

さて、次男ですが、ある程度市販の問題集の正答率があがってきました。(たぶん・・)

本格的にお勉強をはじめて6ヶ月・・・。長男の受験のために年少時代にゆっくり教えれなっかたぶん、ちょっとハイスピードでここまできました。

お勉強って2つのやりかたがあるような気がします。

1つは、じっくり考えさせて思考力をつけること。2つめは、受験のためにスピードをつけること。

本来は1に重点おくのが正しいのだと思います。しかし、次男は2に比重をおいたため、ここでじっくりするお勉強をとりいれることにしました。

そうすると、上から見た図が超苦手なことが発覚!!選択問題なら解けるが、実際にかけなかったりする・・・・。これは、結局、なんとなくしかわかってないってことなんですよ。でも、こういうこと、よくあると思います。

一番むずかしいのが、おりがみ展開でしょう。この形になるように、4つにおって書いてきってみて・・・これね、長男も苦戦しましたよ。選択なら選べるのですよ。でも、実際に、しくみがわかってなかったりね。

で、話はもどって、上からみた図ですが、特には積み木なんですね。これを↓のように、徹底的にしました。何日か、やってようやくわかってきたようですよ。。。トホホ、つかれました。

ドラエモンは、このドラエモンから見たらどうなるかを紙にかきます。小さな人形は、デコボコがあっても、まっすぐ歩けるよね上からみると1列にみえるんだよ。見てご覧、的な感じで使用しましたよ。。(ドラエモンこけてるのは気にしないでください・・・・)

Img_0670 大変ですよ。。。こういうの1からするのは、でも、実際にこうして、ていねいにすることが、本当の理解とスピードにつながるんですよね。。。

鏡もそうです、直感で鏡にうつした絵がえがけると、消去法より格段に早い。。。今、それでおりかさなり図形もしています。。。描けるようにです。線など入れてしまっては、思考力養成にはなりません。

そういうことに、力いれてますよ。

本当は、こういうことを年少から年中にあがるくらいまで丁寧にしてあげたかったのですがね。。。

今、夏休みのことを考えてます 笑 何か、やっぱり次男のきらきら目を、もっとかがやかせるようなプログラムを。。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サイコロ展開図

とんでもなくお久しぶりになりました。

長男が、ようやく電車にのって小学校に通い始めました。この1週間、一緒に登校で、親のオリエンテーションがあり、いろいろ講義をうけ、一緒に下校だったんですね。

まじで、つかれました。。。でも、この長い道のりを通うんだなって思うと、たくましくなるんだなあという気持ちと、心配の気持ちといろいろですね。

ということで、ブログもなかなか更新できずにすみません。

しかし、長男の学校の先生方のお話を聞いて、やっぱり志望校であっただけに、すばらしいなと思いました。本当に本当に次男があとに続いてほしいです。でも、兄弟の推薦がない学校なだけに、むずかしいかもしれませんが、がんばりますね。

さて、次男ですが、とりあえず、ペーパーを一生懸命にしています。さいきん、しりとりが早くとけるようになりました。

でも、まだ手をつけていない問題もあって、その1つである、サイコロ展開図をしました。これも、よく考えるとある程度コツがあるのですね。とりあえず、今日教えたコツをご披露します。

基本的に、サイコロの展開図は体と手なんですよね。って、私は教えました。この言い方は、子供がピンとくるようですね。

Cocolog_oekaki_2011_04_16_22_09

上のようなのもありますが、手の位置が変わるだけですね。後、特殊なパターンが1種類と。。。。

で、出題としては、反対側にくるものはどれ?みたいな感じでしょ。手の反対は、必ず手です。そして、上の顔の書いた部分の反対は、手を考えないでおきましょう。クルっとまくとわかりますね。となりあわないものです。このとなりじゃないものというのは、ポイントですね。

最初、次男に、普通に出題したらハチャメチャでした。でも、この方法で、順序よく教えると、すぐに全問正解になりましたよ。

そうそう、後、特殊なのは、コレ↓

Cocolog_oekaki_2011_04_16_22_14ああ、これについて、教えてなかったなあ。。。

頭で、組立てられるのが一番なんですがねえ。。またじっくり教えます。教えることが山ほどあるなあ。

さて、長男は、学校から、読書記録ノートをもってかえりました。1日目に、20冊記録して、学校にはりきっていきましたよ。じゃ、隣の子が30冊で、また燃えてます 笑 ほんと、ずっと本よんでます。いいことですね。この集団でのやる気は学校でしか学べませんものね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

回転がとくいに!!

さて、なかなか小学校受験通信教育のお仕事が忙しくなって、更新がおくれました・・・もうすぐ、もうすぐですよ!!

ちょっと、このブログを見ている方だけの情報で・・・もうすぐ月額3000円代(3500円かな?どうかな?ふふ)の小学校受験の通信教育がオープンいたしますよ。。。絶対安い・・・と私は問題を制作していて、ほんとに思います。メインテキスト15枚(全て口頭試問つき)に、単元別10枚、パズルシートと、切り貼り工作、ちょっと楽しいテキスト5枚です。。(はじめて、ここまで記事にかいてしまいましたね)

ああ・・・それよか、ほんとにコメントくださっていた方、お返事がおくれました。。すみません。

さて、長男さんは今どんなお勉強をなさっているのでしょうか?よかったら、教えてくださいませんか?

というご質問。りんりん様いつもありがとうございます。

そうですね、長男(もうすぐ1年生)は、無事漢字検定10級もうかったので、一応、9級なんかを勉強しています。あと、2年生の最レベ(算数)を少しずつしています。それから、中学受験プレステージの国語(読解問題)は、ほぼ1題づつやっていますよ。

あとは、100マス計算のタイムを計っています。なかなか新たなタイムが出ませんが、足し算が3分台、引き算が4分台ですね。。。冷蔵庫のホワイトボードに貼っています。新記録が出たら、かきかえるのですよ。

あと、作文用紙に、説明文(短いお話です)を、バーっとかきうつすというのも、ほんとは毎日やりたいのですが、たまにしています。

そんな感じですかね。。。うちも合格してからというもの、ペースダウンですよ 笑 なんといっても、私が、次男のお勉強に力が入っているからでしょうね。。。。

それと!!ほんとに三男がやんちゃになってきました・・・泣 毎日戦争ですよ。

だれかが見ていないと、次男のお勉強がまともにできないので、長男がお相手しています。そんなこともあって、なかなか時間がとれないのが現状です。うちも、以前は2時間くらいお勉強していたのですが、今じゃ1時間・・・弱かもしれないです。その分、休みの日の朝にしたり、調節していますがね・・・。

そう、タイトルにある、回転がとくいに!とは、次男のことです。回転図形がとても早くとけるようになりました。よかったよかった 泣

長男の時は、単元別にお勉強をした記憶はあまりないのですよ。でも、次男は違う気がします。しっかり、単元別に再度、身につけていこうと思っていますよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

日課を追加

さて、今日は、ねる40分くらい前におりがみしよっかーということになりました。

で、長男とか(もうすぐ1年生)は、ぱっと覚えてるの折ったりするじゃないですか。次男は、なかなか本をみてやっていこうとかないので、本みたら?とうながしてみました。

すると、今まであんまりーだったのが、結構やる気で始めたので、お?と見ていました。でも、結構折り紙の本って見てつくるのも思考力の問題のようじゃないですか。。。

おりがみとか、はさみとか、受験に直接、うちは関係ないような課題ですが、とってもとっても脳にいいそうです。

で、結局、がんばってひこうきが折れたので、今後じゃあ、1日1個はつくっていくことにしよーかーというと、大喜びでした。(わたしも彼らもいつまで続くのかって感じですが)

三男(1歳5ヶ月)も、とばしてあそんでる 笑 のがおもしろいです。三男は、カベに公文のカードをたくさん貼っているのですが、それが嬉しいらしく、たくさんものの名前を覚えていきます。この時の吸収力ってすごいですよね。

たとえば、彼らにとって「にんじん」でも「アンティーチョーク」でも、かわらずに覚えられる。大人が勝手にメジャーな「にんじん」を覚えさせるのを選択しているだけであって、このころの子供は、音としてとらえるので、何でもおぼえるんですよね。きっと。すごいなあ。

長男がこのころ、車の名前で「水陸両用車」といういのを、覚えていたのを覚えている 笑

今、小学校受験の通信教育のテキストの責任者をさせてもらい、問題を一生懸命つくっています。(これからたちあがる通信教育ですよ フフ) もうすぐ、日の目をみるかなあ。。。オープンの際にくわしくお話できそうです!!楽しみにしていてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、左右の理解です

次男のお勉強です。四方から見た図の具体物をつかったお勉強は、なんとか理解できてきたようです。

今日も、関連するプリントをしましたが、まあ・・・ミスがなければ大丈夫でしょう。次男は、ちょっとあわてんぼうなので、ぱっと直感で答えてしまうところがあります。

この何日かで、少しマシになったかな。

そう、eripuku様、私は四角柱や、三角錐、四角推を紙で作りましたよ。笑 一応、すぐぐちゃってならないように、手芸用のわたが入っています。ペーパークラフトとかのページをさがして作成しました。積み木って、三角錐とかないんですよね 笑

ご参考までに、私が見つけたページです。

http://www.tamasoft.co.jp/pepakura/download/polygons/index.html

なんか、展開図を見るには、そのソフトをダウンロードしなければなりませんが・・・・

実は、後々も体積のお勉強とかで、三角錐とかの形が必要かな・・って思って販売のページをみたら(それは教材とかのですが)なに?何万もするのですよ。見たのが高価だったのかもですがね。

あ、これが、実際に作ったものです。↓

Tubasanoe_019 ちょっと、耐久性を重視したので、セロハンテープが汚いですね 笑

あと、今日は、左右の理解をしました。長男は、ここ結構時間かかりましたが、まあ・・・ミスさえなければ大丈夫です(そのミスを減らせよって感じですが・・・まあいいとしましょう)

明日からは、地図上の移動です。・・・・・これ、マジで教えるの苦労しますよね。実際に見ているものと左右が変わっていくじゃないですか・・・・うん。

あとは、サイコロの展開図とかもしたいなあ。。。。あと、あれも、これも、課題が山積です。泣

メモついでに・・・まあ、完璧に近いのが、積み木の数と、シーソーです。なぜかシーソは、いくつでてきても分かるようです。合わせた数、いくつちがいも大丈夫でしょう。

苦手なのが、3番目に長いものに〇をしましょうシリーズです。これね、苦戦してます。笑

わからないわけじゃないと思うのですよ。ただ、あわててよく見ないところがもう、まちがいの原因ですね。注意力がないのかな。。。。。

こんな風に次男のお勉強を中心にやってますが、今、長男は風邪で倒れています 泣

ここ1.2週間、高熱をくりかえしたりしてるのですよ。。。。今日も幼稚園からの呼び出しで、熱があるって、帰ってきました。

実は、明日、合格発表なのです。・・・・プレッシャーなのかな・・・いや、本人は、もうすぐある生活発表会の劇の方が緊張しているようですがね 笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

四方から見た図

あ===!!!

長男の受験1週間前にせまりました。というのに、高熱がぁあああ。そして、お腹をこわしてぶったおれています。

病院の先生に、なんとしてでも1週間で治してくださいと、たのみこみました。

でも、まあ1週間あるので、回復するでしょうが、ああ、1週間前でよかったという気持ちと、1週間前なのに何もできない・・・という不安もあります。

とにかく、2,3日はきちんと治します。

で、今日は久々に次男のお勉強に力を入れました。始めの30分は記憶力の強化にとりくみました。写真をとっていないのですが、ブルーナーのかわいい絵合わせのカードがあって(また写真アップします)それで、記憶の練習をしましたよ。

で、今日のメインは、四方から見た図です。

実は、そんなに苦戦してなかったのですよ。というのは、選択肢の問題から選んでいると、別になんのこっちゃない解いているのに、深く深くやってみると、あんまり理解できていない。

とくに、物ではなく、積み木の四方からみた図ですね。

人によっていろいろでしょうが、長男のうまくいったやり方は、

Cocolog_oekaki_2010_11_15_23_25

と、右から数える方法でした。2・・1とか、3,4,5とか・・。

これは、次男くんには、全く上手くいきません。そう、彼は右脳派なのです。じゃあ、もう思い切ってお人形を座らせて、どんな風に見えてる?書いて。っていいました。

しかし・・やっぱりあまりうまくいきません。

つまるところ、やはりはボコってへっこんだ部分ですよね。わかりますか。

Cocolog_oekaki_2010_11_15_23_28

上の積み木の例だと、右から見た図の場合、ピンクの部分だけを考えて、赤の部分を見落としてしまいます。ううーーん。

で、いろいろ(本当にいろいろやりましたよ・・・今日は)考えた結果、もう、右から見た図なら、クルッってこっちむけてみたらどうか、という事になりました。

もちろん、これ実際の積み木を使っていますよ。これが、なんとなく一番合う感じがしました。・・・これいいじゃん、と思ったところで、時間もせまっていて、お勉強は終了となりましたが、次男には、この方法をためしてみようと思います。

クルッてむける前に、四角できりとった方眼紙で、どう見えるかを作って、それでクルッて向ける、こんな感じで進めていきました。

今日は、あまりにどうすればいいのか、考えすぎていて写真をとるのを忘れてしまいましたので、また後日にとりますね。

で、この時あったらいいなと、思ったのが、100均とかで売っている、ケーキとか作るときの回転盤。あの上に積み木とか、物体のせて、クルッって回してみようかと考えてます。

成功したらまたアップしますね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

水面の問題と鏡の問題について(コメントのお返事をかねて)

・・・ということで、タイトルにあるように、水面の問題と、鏡の問題がごっちゃになってるんです。というエリプク様のお返事です。の前に、エリプク様、いつもありがとうございます。涙が出るなんて、申し訳ない限りです。ほんとに、参考になるところだけ抽出して、もっていってください。ほんとに、私流なので・・・。

で、鏡と、水面の問題がごっちゃになっている・・・という事が、どういう事なのだろうか。と考えてしまいました。

というのは、鏡も、水面も同じなのでは?と思うのですが、どうのようなお子様がごっちゃになっているのでしょうか。。。

鏡と、水面とでは、別々に考えてみましょう。

鏡の問題は、過去に何度か書いたかもしれませんが、基礎の基礎、具体物を使うなら、鏡で雰囲気をつかみますよね。その後、もっと理解度を上げるために、鏡とは、そもそもどのように映っているのかを、考えるお勉強に入ります。

真ん中に線を一本ひいて、ママとお子様が、鉛筆をもちます。で、ママがいくのと、反対方向に線をひいてね、と言って、真ん中からスタートします。はじめは簡単な□とかが、いいですね。

Cocolog_oekaki_2010_10_22_22_10 初めは結構難しいです。ポイントは、真ん中の線から始めて、必ず真ん中にもどってくることです。できたら、この紙をゆっくり半分におってほら、くっついていって・・・同じ形でしょう。といってみる。

鏡とはこのようなものですよね。

あと、順番の理解を深める。では、楽しく具体物でお勉強する方法ですが、家はこうしました。

Cocolog_oekaki_2010_10_22_22_14 いつものように、くもんのキューブ積み木をつかいます。なかったら、折り紙を□にきったり〇にきったりしたものでもいいですよね。

これを、左にママが順番に並べる。子供が、それの鏡どおりにおいてみる。という感じ。なれてきたら、一列に並べるのでなくて、線に近い上の方においたり、手前においたり、ランダムにしてもいいですね。

あと、今思いついたのですが、厚紙(表も裏も色があるもの)で、片手を挙げているうさぎなどをつくり、それを鏡のように、子供がおくのもありですね。裏に返すことがポイントですが、手を上げる鏡問題は王道ですものね。

その他、切り紙には、いろんな可能性がありますね。

たとえば、

Cocolog_oekaki_2010_10_22_22_20

うさぎと、ぼうしと、虫取り網のパーツを二つづつ作り、ママが組み合わせたものを見て、鏡のようにパーツを組み立てる。女の子はすきそうだなあ・・・スカートとかも、鏡と関係なくおいてもかわいいかも。男の子だったら、車系かなあ。

で、最終は、プリント指導ですが、これは、消去法で、いとも簡単に解けます。同じシルエットのものを消して、あとは、違うところを見つける、同図形発見の要領です。

結局、最後はスピード勝負ですがね。

で、鏡の問題ですが、コメントにあるように、水面に映すと見にくい・・・ですが、結局、考え方は、鏡と同じなのですから、鏡を置いてみたらどうでしょうか。

Cocolog_oekaki_2010_10_22_22_25

上のねこが、水面をみているような設定で、鏡をおきます。・・・これで、いいと思います。

あとは、上の鏡の問題のように、上と、下ですればいいのではないでしょうか。

あ!・・・・・!!今、なんとなくごっちゃになっているという事がわかりました。

Cocolog_oekaki_2010_10_22_22_32 この得体のしれない生物のように、水面なのに、このように鏡に映ったように描いてしまうのですかね?

これは、ほんとに、描かせる問題にありえるかもですね。

選択問題なら、消去法でもいけますが、描かせるとなれば、本当に理解していないとかけませんものね。

描くばあい、点図形とかで、鏡にうつったように描けってのが、ありますね。私は、必ず指で確かめなさいと、指導してます。でも長男の場合ですが。その時、指は、線から始める。で、上下に右と左手で、同時に分かれてなぞる。

それか、途中まで、描いてあるプリントで、徹底的に体でしみこませるのもアリですね。

Cocolog_oekaki_2010_10_22_22_38 そうだ!、また今思い出しましたが、(思いつきですみません)紙を垂直に折って描いたりもしましたよ。

Cocolog_oekaki_2010_10_22_22_40

こうすれば、実際に少しずつ折っていくと、同じ絵がかけたか分かりますね。おったものを光にてらせばよくわかりますし。

こんなアドバイスでよろしいでしょうか。

うーん・・・・もっといい方法があれば、誰がおしえてくださいね。あと、具体物をした後は、どんな簡単なものでもいいので、プリントで、確認してみることは、重要に思います。

では、お互いにがんばりましょー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)