常識問題

昔話を定着させる

小学校受験では、昔話が出題されますよね。シンデレラだったり、また桃太郎だったり、でもかなり範囲ひろいんですよ。

常識なものといえばそうなのですが、やっぱり誰がでてきたとか覚えなきゃならない。

もちろん、1回は読んだりしてあげてますし、家にその本をそろえているのは当然のことなのですが、それ以上にしっかり定着させる方法として、その場面の制作だったり絵をかかせることが効果的だとずっと思っているんです。

よく、そういった制作はしてきたんですが、なんか100均でこんなもの見つけちゃったわけですよ。

100kinn

ちょっと調子にのって、いろいろ買っちゃいました。案外いろいろといいのそろっているんですよね。

この「よみきかせおけいこ」ですが、物語をよんで、それにそって迷路をしたりきったりはったりできるようになっています。

これがね~。ほんとにいいんですが、やっぱり問題集を作っている自分としては、ああ~~~おしいなあ。ここ、こうだったらなあ、私だったらこうするのに。と職業病がでるわけです。

シリーズも小学校受験を全部カバーは当然できていないです。なので、こういうものを作成しようと検討しておきます。

興味のある方は、ダイソーで売られていましたよ。

あと、絵本って、子供には難しい表現だったりするのですが、うちはこれをそろえています。

この絵本の文章がちょうどいいと思いました。

桃太郎とか、難しいものだと、とんとむかしのことじゃった。わらしべの・・・とかちょっとね、わかりにくい表現のものもあるので 笑。

セットでかうものいいかも↓でも、これは大型の絵本じゃないのよね。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お月見

お月見をしました。

月がきれいですね。。。

Img_0981

よく、常識問題に、お月見だんご=秋とでてきますが、こういうのやっぱり体験して覚えていきたいですね。

しかし、お月見団子のことなんて実は私、忘れていたんですよ。ああ・・お団子つくろうねっていってて。。

昨年はたしか作ったはず。で、次男が帰ってくるなり、お月見団子つくるの手伝う=って・・・そうなんやね、ママ忘れてた。。。って。

ということで、パパに電話して、急きょ、できたものを買ってきたのでした 泣(あの、みんなで作る工程がたのしいのに)

Img_0976そうそう、次男は絵画を力いれながらも、ペーパー特訓にがんばってます。そろそろスピードをあげたいんですがね。。。

少し前に比べれば、うーんとよくはなったのですが、満点ってのがなかなか。。1.2点おとすんですよね。。

あと、極端に遅い問題もある。

つりあいの難しいやつ 笑(変換しながらとくの)とか、遅いですね。次男は、きっちりするんですよ(意外とね)

とっても、いいことなんですが、そのせいでやはりタイムが落ちる。。。なんで、ここまで小学校受験のお勉強ってタイムを早くするんだろうってのが、本当に疑問です。

長男は、タイムをはやくすることで、鍛えぬかれ、とても雑い子になってる気が(性格か?)

字がすごく早くかくもので、汚い・・・小学校に上がったとたん「ゆっくり、きれいに、丁寧に!」なんて言ってるの、矛盾してますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

季節の問題を定着させる!

今日は次男(3歳1ヶ月)と季節を定着させる為に、秋の制作をしました。問題をちょこちょこしていたのですが、全く覚えないので(あたりまえですね)長男の時と同じく、制作を通して頭に定着させる事にしました。

まず、大きな紙(模造紙くらい)を用意します。ここに、秋のものを作って貼り付けていくわけです。我家の壁には、長男がつくった、春夏秋冬の模造紙がはってあるので、家はもう学校状態です 笑 でも、これが絶対覚えるのですよ。もちろん本当の体験との相乗効果でですがね。

で、今回は秋なので、ドングリをおりがみで切って、次にりんごにとりかかりました。ポイントは全く同じようにつくらないことです。ドングリを折り紙でつくって切って貼ったなら、次のりんごは、かみにクレヨンでかいて切り抜くなど、方法をかえます。でないと、この秋制作は模造紙の大きさあるにもかかわらず一気につくってしまうので、集中力をきらさない為です。

Aki_rinngo_2                                              Aki_sannma Aki_budou

あと、さんまは私がおおかた描いて、色を一緒に塗りました。ぶどうは折り紙を四角におってマルをきりました。もちろんマルが4つできた事を確認しながらです。秋の制作を通していろんな指導ができます。のりの塗り方、色の塗り方、折り紙展開・・。

で、あと、菊と柿をつくるにあたっては、どうしても制作では表現しにくくて、パソコンから画像を印刷して、それを切りました。これが、何故がプリンタからでてくるので大喜びです。それをきってもらって、はさみの指導です。サツマイモもクレヨンとパソコンの画像を使用しました。

Aki_kaki

で、2時間弱かかって、ようやく完成です。(3男・0歳1ヶ月)が起きなくてほっとしました。

Aki_kannsei_2 名前をそれぞれの横にかくのですが、長男の時は自分でかかせたんですね。で、次男も字はかけるのですが、自分でかいた字が読めない(汚くて)時があって今回は私がかきました。

これ、ご飯たべている部屋に貼ると効果的なんですよ。なんか、ボーっとみてたりして、いつのまにか覚えてるんです。

あと、いちょうと もみじ は実際に遊びにいったときに追加して本物を貼ろうと思います。

あ、あと話題はずれますが、ママと小学校受験 年中 NO.3 をお待ちくださっている皆様、もうしばらくお待ちくださいね。今、別にサイトを構築中なので、そっちに時間をとられてしまっていて(もちろん問題集のサイトですよ)

今後とも、オリジナル問題集をよろしくおねがいいたします。にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験へ

 

にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

仲間わけ

仲間わけってありますよね。4つのものの中から、違うものを一つ選びなさいってあって、それが、1つだけ用途が違っていたり、1つだけ虫だったり動物だったり・・・。

年中のお兄ちゃんが、いまだに一瞬悩むのが、ガラス、陶器、鉄、などの素材なんですよ。ガラスは透明でしょ。窓ガラスみてきてごらん・・これのくりかえしです。まぁ、でも、コツみたいなのもつかみ始めてて、ペンギンとかだいたい怪しい(鳥だったり)と判別できるようにはなりましたが。

今日は2才9ヶ月の次男の仲間わけです。まだ、素材までは至りませんよね。もちろん、ペーパーでもつかめません。

うちでは、こぐま会のカードをつかって、私が1つづつだして、動物は動物の場所、果物はくだもののばしょ、とおいていかせてます。

何故かこの作業、笑っちゃう程面白いようです。(どこで面白がるかわかりませんよね)

今は、動物、果物、野菜、文房具、楽器、乗り物、花、台所用品 にわけることができます。果物と野菜なんか難しそうですが、案外わかるらしいです。でも、今は名前を覚える事でもせいいっぱいですよね。特に楽器、花なんかは、まだまだ身近ではないですから。

そして、全部わけおわったら、野菜を土の中にできるものと上にできるものにわけさせます。花などは、春のものはどれかな と聞いたり(今は、春、夏ができます)いろいろ、質問攻めです。じゃがいもってどんなお料理にはいってるのかな とか。でも、このママとの会話が楽しいみたいですね。

Nakamawake

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節の花 対策

季節の花対策っていったら、なんか無理やりな感じがしますが、やっぱり、種から自分でまいて、毎日水やりしていると、とても花に興味をもつみたいです。

いろいろ、ベランダでそだててみましたが、私的には、100均で種やら土やら鉢をそろえるのがベストでした。なんか大きさとかもちょうどいいし、安くあがります。

ペーパーでお花を一生懸命覚えるのもアリかもしれませんが、時間あるなら育てたいですよね。楽しい体験たくさんたくさんさせてあげたいです。
こういう問題は、小学校側が、植物、自然に興味があったり、命を大切にできる子を求めている と思いますし、そう願いたいですよね。

進研ゼミ1年生講座で届いたひまわりも今、うちのベランダで大きくなっています。私より、きっちり水やったりしていますし、朝ご飯をたべて、水やりにいったり、なんかいいじゃないですか。

少し前まで、チューリップがさいてました。イチゴも育てていますよ。
今は、アサガオとコスモス ですね。

コスモスも秋ってしってる子は多いと思いますが、じゃあ、春から夏に種まきだなぁと感じてほしいですね。種ってこうなってるんだ とか、いろんな発見ありますよね。

以前さいてたチューリップは押し花にしました。それも楽しいですよ。

Sbsh0047_7 Sbsh0049_3

上の写真は息子がとったものです。なんでもやらせるのが家流です。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常識問題(季節)

季節の問題って覚えるしかないって思いがちですが、その覚える方法が大事なんですよね。(いろいろ大変だ)

我家では、模造紙に春・夏・秋・冬 に絵を描いたり工作したものを貼ったりして巧緻性も高める中で、覚えさせています。(壁に貼っておくのもポイントです)

おかげで、我家は誰が来ても幼児教室みたいやね といわれます。インテリアもなにもこの際捨てます。笑

春では、チューリップの折り紙をして茎はストローにしてはる。このとき葉っぱは必ず描く
     か切ったものを貼らせる事が重要(花と葉っぱの線結び問題対策の為)

     もんしろちょう をおりがみ2つにおって線をかいて、はさみで切らせる。
     これにより、線対称の問題対策に少しは役立つ。重要なのは、足を描くこと。
     虫は6本の足を持つお話をする。
     あ、そうだ でも蜘蛛はタコと同じ8本なんだよね とかいいながら。
     大事なのは、ちょうちょ ではなく モンシロチョウであること。
     なぜなら、アゲハ蝶は夏だから、ここの区別はしてほしいからです。

     タンポポもかきます。ハッパはむずかしいので、切ってあげました。このときは、ま
     だ幼稚園入園前でしたので。ただ、緑に塗ってもらいましたが。
     綿毛がとんでいくのもかいて、お話するのもいいかもしれません。

     あと、桜をかいて、真ん中に家族でみたお花見の絵をかいてもらいました。
     目かいて、とか教えてあげながらですがね。

ポイントは詰め込みすぎない事だと思います。

この頃は3歳。桜、チューリップ、タンポポ モンシロチョウ、こいのぼり なんかで十分でないでしょうか。現在の4才に至るまでに、ゆっくり別の方法で追加していきました。(また記事しますが)

で、道あるいてても、春だからチューリップがきれいだね と話をすることが大事なんでしょうね。それから、ペーパーにとりくむ。

これは、なかなか根気いりますよ。何度私もダメママになってしまった事か・・・

でも、少しでいいから毎日1枚はペーパーに入れてきました。

お陰で今は得意分野です。それどころか道で、なんで秋やのに、アサガオさいてるんやろなぁ とかいってます。

そして、やっぱり、模造紙作戦だけでなく、体験が一番の武器でしょうね。でも、これって楽しいじゃないですか。海いったり、入道雲みたり、ドングリひろったり、ツリーかざったり、そうしているうちに自然に身についていければ最高ですね。小学校もホントはそこをみたいと思っているんだろうと思います。家族との思い出や経験ですよね。

でも、ペーパーで確認しないと忘れるもんなんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)