« 点つなぎと、好きな子について。 | トップページ

コメントのお返事です♪

最近、まためっきりと姿をけしていましたよ。ごめんなさいね。ともかく、今少し手があきましたので、コメントをせっかくいただいていたみなさんにお返事さしあげますね。

失礼ながら、ご質問の文章を引用させていただきますね。

●お久しぶりです
娘が年長の時にお世話になっておりました。今、小学4年になりました。子供の勉強方法を聞きたいと思いました。今は帰宅後一時間のピアノ練習、そのあとお勉強をさせたいのですが、受験も考えています.
本屋に行っても問題集がきまらず、、、何かおすすめの教材があれば教えてください
塾にはまだ行っておりません。
宜しくお願い致します

→ももこさん!お久しぶりで~す。小学4年、うちの長男とおなじですよ。あの頃ですもんね。長男も大きくなりました。

中学受験をされるのですね。うちは高校までの12年一貫教育なので、なんとも現状が違いますが、私が中学受験のためにいいと思ったのは、ハイレベ、とかトップクラス問題集だと思います。もう、本屋さんにいけば普通においているのでご存知ですよね。

ただ・・・4年生、そして中学受験ということを考えると、本屋さんの問題では難しいのかなと思うのが本音です。志望校における傾向と対策があります。必ずありますし、受験教科等もありますので、私はそろそろ進学塾にいかれたほうがいいかなと思いますよ。

進学塾にいかれると、市販の問題をしているどころではありませんからね。

また、中学受験となると、親でも即答できない問題のレベルになってきます(私はですが・・)ちょっと特殊なんですよね。中学受験って。

普通、私らの思考では、ああ・・・この問題ならXとYに置き換えて・・・・というところ、数学ではないんですよね。算数の思考でとかなければならない。これって結構難しいんです。

塾にいく前にできることはたくさんあるかと思いますが、どうしても家では限界があるのが本音だと思います。

でも、たとえば漢字の先取りだったり、熟語、それからことわざ等、覚える強化の基本はお家でしっかり私なら徹底するかなと思いますよ。

●年少下(4月生まれで3歳になったばかり)と0歳の男児2人の母です。長男の小学校受験を考えています。教材や塾の見学は色々してみましたが、まだ何も購入していません。この1年、どうすごすか模索中です。
2013年12月12日のブログの初めに、
> 三男君、だいたーいの小学校受験のベースはようやく終わりました。
とお書きになっていますが、「小学校受験のベース」とはどういうものでしょうか。何か参考にできるものはありますでしょうか。
「ペーパーではなく実体験が重要」などと聞いたりもしますが、それなら何をどうさせて、どんな力をつけたらいいのか、よくわからず、うろうろと迷っています。
よろしくお願いします。

→まず、私がここでお話した小学校受験のベースというのはプリントですね。プリントの基礎です。

数・言語・思考・常識・図形 めちゃくちゃ大まかにいえばこの分野の基礎です。数なら数の増減等、言語なら名前の数だとかしりとりですよね。思考はいろいろありますが、四方からの観察等、常識は季節や生き物。図形は分割など、さまざまです。

たとえば、しょうがくしゃから発刊されている、基礎ワークがありますが、このレベルならできる!というのが私の中のだいたいの基礎かなと思います。

でも、これだけでは全然たりませんよ。そうですね・・・ピグマリオンやこぐま会から単元別問題集等が発刊されているのはご存知でしょうか。そういった単元別をみると、たくさんあるなあと思いますが、一通りはできていくことを目標にしながらお勉強されてはどうでしょうか。(TSUBASA通信教育のはじめての小学校受験シリーズもよろしくです。。汗)

これもお勉強をし続けなければならないのであって、実は三男君、引越しの準備等があって、全く最近お勉強にかまってやれてないんです。おそらく何もいまできません。

ゴールデンウィークあけにはやるぞ!!って思ってるんですが。いや、もう年中の模試もはじまっているので、かなりピッチあげていきますよ。

ただね。年少下ですよね。プリント漬けにしないで下さいね。もっと大きく、ものの浮き沈みを実際にやってみるとか、鏡がどうなっているのかとかを具体物でしらべてみたりだとか、興味をもってものごとに接することのできるお子様にするようにしてほしいなと思います。

私が一番、思うのが、長男はこのころ、小学校受験に合格するためにお勉強をしていたのではありません。あくまで、小学校受験のお勉強をかりる中で、長男自身がたのしんで、ものごとに興味深く接することのできる子にそだってほしいとはじめたお勉強なんですね。

すると、ママもあせらず楽しくなってくると思いますよ。

実体験ってそういうことです。じしゃくがくっつくのはどれ?というプリント1枚にしても、実際の感覚をつかんでるのか、ペーパーで覚えたのかでは雲泥の差ですし、じしゃくの興味、わくわくをしっているのはどちらでしょうか?

じしゃくをつかって、釣りのあそびをしたり、砂鉄にふれてみたり、磁力というのを教えてあげたり・・・小学校受験の幅をこえてもっと成長できるのかなと思うんです。

ペーパーだけでなく、お料理を一緒にする中でも、2分割、3分割ということも学べますし、いろんな経験の中で、脳がフルに回転しますよね。

実体験って、何も難しくかんがえなくても、ママとの生活のコミニュケーションだったりするんではないかなと思います。

あとは、このころ、指先をしっかりうごかすような遊び等をたくさんやっていくといいですよ。

ひよこさん!ありがとうございますね。

あと、rikon さん。咳の件、ありがとうございました。今は大丈夫です。季節の変わり目、かならず咳するんですよ。変わり目かなあ。。。わからないですが1年に3回くらいは、から咳みたいなを連発しだします。。気をつけます。ありがとうございます。

実は引っ越し、まだ落ち着いてないという情けなさですが、またブログかいていきますね♪

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

|

« 点つなぎと、好きな子について。 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お返事ありがとうございました!!突然の質問に、とても丁寧に応えてくださり、本当に感謝しています。
コメントが遅くなり、申し訳ありません。

>小学校のお勉強をかりる中で、長男自身がたのしんで、ものごとに興味深く接することのできる子にそだってほしい
と書いておられるのを読み、本当にそのとおりだなと、原点に戻ることができました。
そう考えながら、日々をすごしているつもりだったのに、何か焦りがあったのだと思います。

その焦りの原因のひとつが、受験で問われる内容を知らない、ということだと思いました。
教えていただいた単元別問題集は、なんとなく存在は知っていたものの詳しくは知りませんでした。磁石、と書いていただいたのを見るまで、磁石の問題が出ることを知りませんでした。また、「言語」の分野と言われても、何が基礎で、受験では何が問われるのか、知りませんでした。
まだ全然つかめてはいませんが、とりあえず一歩として、問題集の中身を見てみたり、こぐま会の久野先生の本を読んでみたり、するところから始めてみました。

また、
>お勉強をし続けなければならない
ということも、考えから抜け落ちていました。まだ、毎日コンスタントにペーパーをするには時期尚早のように感じます。

貴重なアドバイスを、本当にありがとうございました。
これからも、ブログや問題集を、参考にさせてください。

投稿: ひよこ | 2014年5月24日 (土) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コメントのお返事です♪:

« 点つなぎと、好きな子について。 | トップページ