« 四方からの観察を具体物で。 | トップページ | 小中高一貫校と、最近のこと。 »

ちょっとだけ悲しかったこと。

今日は学校の保護者会でした。下の子をつれていき、猛ダッシュで帰ってきて三番目くんを自転車でむかえにいく・・・もう倒れる寸前でしたが、(というか倒れた)どうしても心にひっかかでいたことがあるので、やっぱりかきとめておこうと思ったのですね。

実は先日、長男の学校の先生から電話がありました。先生はとてもすばらしく、いいこともよく電話してくれるのですが、今回は悪いことでした。

それは、お友達とふざけあっていて、調子にのってお友達のふでばこを隠したりして遊んでいたということ。それでそれをみて調子にのったほかの子が加担して、結局授業がはじまるときにまでその子の筆箱がなかったので・・・ということでした。

私は兄弟の遊びをみていていつも「相手のいやなことを喜ぶ遊びはいじめと同じだよ。相手が笑っていようが関係ないよ。されていやなことを小さくてもしたらそれはお友達を傷つけているんだよ」ということを言うんです。

兄弟が多いので、1人に対して2人がわ~って、悪ふざけがはいってということがたまにあるので、それはきつくしかってきたのですがね。

かえってきてからは、お勉強は中止でしたよ。とことん話しあいましたね。

忘れ物をしたり、いろいろなことで叱ることはあるのですが、今回はやはりママはとても悲しかったよ。というお話をしました。

1人の子の後ろにはその子を愛してくれているご両親がいる。その人たちまで傷つけることになるんだよ。

という話をしました。

今回は、3年生の男の子にはよくあることかもしれませんが、私はこの件をとてもちゃんとお話したいと思いましたね。

1人の人の後ろには、その人を愛している、大切にしている人たちがいる・・・・そういうことを分かる人間になってほしいと思います。

高校のときに、クラスで孤立している子の家に遊びにいったことがあるんですよ。(私、不良の子からオタクさんまでかなり幅広く顔だしていたので)

そのときに、その子のお母さんが私に涙で握手してくれたんです。

「うちの子のところにまた遊びにきてあげてね。今日はほんとにきてくれてありがとう」って。

その手の温度とかね。なんだろ。すごく今でも忘れることができないです。そのときに、人ってみんな1人だけれど1人じゃないんだって痛感したんです。だから、孤立している子とかほっとけなくなりましたね。

これから先、子供達に1番に願うことは、あの子がいるから幸せな気持ちになる。あの子がいるから嬉しくなる、と思ってもらうことです。

そのために、言葉というものも大切にしてほしいなって思うんですよ。

がんばってねとか、ありがとう、とか。まわりの人を勇気づけられる言葉が自然に出てくる人になってほしいですね。

そういうことを、しっかりとむきあって話をしたのでした。

|

« 四方からの観察を具体物で。 | トップページ | 小中高一貫校と、最近のこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

子どもってどうしても度を超えてふざけてしまうことってありますよね。
上の子どもが幼稚園なんですが、楽しくてふざけていたのが段々エスカレートして人が嫌がる事を周りの子どもと騒ぎあうということがあり、その場でやめさせたことがあります。それもやめようね。なんて感じじゃないですよ。やめなさい‼て感じできつくです。
そうですね、冷静に話しあうこともとても重要ですね。
人間一人を教育して自立させるって難しいなぁー。って思います。

投稿: しま | 2014年2月27日 (木) 05時17分

そうですね。私もいつもの注意なら「やめなさい!」とかで終わるんですが、この件はとても大切だと思ったんですよね。
今回、こういうことが公に出てよかったと思っています。
もし、これが影での出来事なら・・・と思うとちょっとつらいですよね。今、ほんとにわかってもらえたとは思っているのですが、子供を信じて話をしてコミニュケーションをとることが大事かなって思いました。

投稿: しまさんへ | 2014年2月28日 (金) 01時42分

ブログにいつも学ばせていただいています!私立一貫の小1の親です。子供の入学以来、一貫に通わせるということがどういうことか、いろいろ試行錯誤してきました。中学で合流する外部生が塾で何をしているか、というのが知りたくて、大手の無料模試まわり、なんかもしてみました。Y模試、H模試・・。国語は、文章が数ページにわたる超長文に子供は面くらい、算数は学校では目にすることのないような問題、教科書の応用問題というよりは、中学受験の問題を学年レベルに改題した問題(?)みたいなのが数割占めて、模擬試験に疑問を持ちはじめました。これは、学校でやる算数とはまた別物の、中学受験専用の算数というのをやらねばダメなのか、なんて。難問を一問解けるように時間を費やすぐらいなら、小学校のうちに英検を上の級までとって、中学に行った時に1教科浮かせた時間を苦手教科に回した方がまだいいのではないかとか。中学受験の問題が、中学に入ってからの勉強にどれだけ役に立つのだろうとも思います。内部進学とはいえ、外部生と同じ試験を同じ日に受験しなければいけないので、内部受験生の、受験準備って何をしたらいいのか、と考えるようになりました。素直に担任の先生に聞くべきかしら。学校だけの課題をしっかりこなせば十分なのか、過去問は自分でやるべきなのか、もっと他に準備がいるのか・・。よその一貫校ってどうでしょう。

投稿: dharma | 2014年3月 3日 (月) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとだけ悲しかったこと。:

« 四方からの観察を具体物で。 | トップページ | 小中高一貫校と、最近のこと。 »