« 数の構成にはこれが一番かも | トップページ | もっと図形感覚を養いたい »

小学校受験のお勉強を始める前に

以前、奨学社の模擬試験の後で、先生と懇談する機会がありました。

で、その時は、成績よかったんですよね。6位とか そんなので。で、毎日のお勉強について、志望校の方向性も考慮していただいて、何を、どうしていけばいいか尋ねたんです。

すると、絵画の細かい指導の他に、読書をすることを強く求められました。

今、英語じゃないいんです。日本語をきっちり教えるんです!と熱く熱く語られました。

読書・・・してるんだけどなぁ といいたかったんですが、熱意がすごくて、そうですか!とかいってしまいました。笑

読書は、私も、家の教育方針とも一致しています。むしろ、親からたくさんの本を読む事が大事だと・・・といいつつなかなか読めてません。三国志も今、とまったまんまです・・・困

まぁ、さておき、本にはかなりの金額かけてます。もちろん、休日は図書館いったり、古本を集めたりもしてますが。塾代を本代にかえてもいいほど、家では本は重要なことです。

で、その奨学社の先生に言われてから、ちゃんと読書の時間をとるようにしてましたが、最近、お勉強の前にすると、頭が柔軟になっていい・・・みたいな記事を読みました。まぁ、読書の時間をいつとろうかとも考えていたので、30分、お勉強のはじめのプログラムにとりいれたんです。

読むのは、一年生向きの本です。が、

どくしょのじかんによむ本 小学1年生
西本 鶏介

10分で読めるお話 一年生
岡 信子, 木暮 正夫

の2冊、読破しました。この2冊は短編集なので、お勉強の前にいくつか読んで、どんなお話だったか、どう思ったか必ずききます。これは、ものすごく頭つかいますし、面接の練習に最適だと思います。話をまとめて、整理して、言葉にして・・ですから。

で、今日もって読破したのがコレ

アンデルセンどうわ一年生
末吉 暁子

です。でも、ちょっと、これはむずかしいかも です。内容が哲学的なのもあって、結局何の話だったんだろ みたいなのもあるからです。

(今さっき見たら、中古商品で1円とか10円とかでありましたよ。よければ、クリックしてご覧ください)

今は、興味のある、日本のお化け みたいな短編集を買ってあげようと思っています。

でも、親がこんな本あったらな(内容も読みやすさも)ってなかなかないじゃないですか。

なんで、本、書いてみました 笑

タイトル クマちゃんをたすけろ もちろんイラストレーターなので、表紙も私の絵です(すみません)

ワードで書いた短編ですが、漢字のルビがうまくふれなくて、ふってません(おいおい)

で、タダなんで、ダウンロードされる方は、手書きでルビふってください(ごめんなさい とりあえず、うまくルビふる方法しらべときます) 二つおりで、ホッチキスでとめれば、製本できますよ。

漢字ですが、ルビふれないんなら、全部ひらがなにしようとも思いましたが、なんか 嫌でして。一年生で習わない漢字でも、ルビふっとけば、読めるし、てな訳で、ルビふりは少し手間ですが、よければ、お子様によませてあげてください。なんなら感想とかも下さいね。(めんどくさ って感じですが 笑)

後は辞書引きなんかもさせてやりたいのですが、なんか、何 どんな風にするの?って感じでして、辞書ひくだけじゃないんですよね。たぶん、ラインひいたり付箋つけたり とか効果的なやりかたあるんでしょうね。まだまだ調査中です。

「kumachanwotasukero.pdf」をダウンロード

↑、これが、くまちゃんをたすけろ 作者 hitominママです。よろしく

|

« 数の構成にはこれが一番かも | トップページ | もっと図形感覚を養いたい »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学校受験のお勉強を始める前に:

« 数の構成にはこれが一番かも | トップページ | もっと図形感覚を養いたい »