コメントのお返事です♪

最近、まためっきりと姿をけしていましたよ。ごめんなさいね。ともかく、今少し手があきましたので、コメントをせっかくいただいていたみなさんにお返事さしあげますね。

失礼ながら、ご質問の文章を引用させていただきますね。

●お久しぶりです
娘が年長の時にお世話になっておりました。今、小学4年になりました。子供の勉強方法を聞きたいと思いました。今は帰宅後一時間のピアノ練習、そのあとお勉強をさせたいのですが、受験も考えています.
本屋に行っても問題集がきまらず、、、何かおすすめの教材があれば教えてください
塾にはまだ行っておりません。
宜しくお願い致します

→ももこさん!お久しぶりで~す。小学4年、うちの長男とおなじですよ。あの頃ですもんね。長男も大きくなりました。

中学受験をされるのですね。うちは高校までの12年一貫教育なので、なんとも現状が違いますが、私が中学受験のためにいいと思ったのは、ハイレベ、とかトップクラス問題集だと思います。もう、本屋さんにいけば普通においているのでご存知ですよね。

ただ・・・4年生、そして中学受験ということを考えると、本屋さんの問題では難しいのかなと思うのが本音です。志望校における傾向と対策があります。必ずありますし、受験教科等もありますので、私はそろそろ進学塾にいかれたほうがいいかなと思いますよ。

進学塾にいかれると、市販の問題をしているどころではありませんからね。

また、中学受験となると、親でも即答できない問題のレベルになってきます(私はですが・・)ちょっと特殊なんですよね。中学受験って。

普通、私らの思考では、ああ・・・この問題ならXとYに置き換えて・・・・というところ、数学ではないんですよね。算数の思考でとかなければならない。これって結構難しいんです。

塾にいく前にできることはたくさんあるかと思いますが、どうしても家では限界があるのが本音だと思います。

でも、たとえば漢字の先取りだったり、熟語、それからことわざ等、覚える強化の基本はお家でしっかり私なら徹底するかなと思いますよ。

●年少下(4月生まれで3歳になったばかり)と0歳の男児2人の母です。長男の小学校受験を考えています。教材や塾の見学は色々してみましたが、まだ何も購入していません。この1年、どうすごすか模索中です。
2013年12月12日のブログの初めに、
> 三男君、だいたーいの小学校受験のベースはようやく終わりました。
とお書きになっていますが、「小学校受験のベース」とはどういうものでしょうか。何か参考にできるものはありますでしょうか。
「ペーパーではなく実体験が重要」などと聞いたりもしますが、それなら何をどうさせて、どんな力をつけたらいいのか、よくわからず、うろうろと迷っています。
よろしくお願いします。

→まず、私がここでお話した小学校受験のベースというのはプリントですね。プリントの基礎です。

数・言語・思考・常識・図形 めちゃくちゃ大まかにいえばこの分野の基礎です。数なら数の増減等、言語なら名前の数だとかしりとりですよね。思考はいろいろありますが、四方からの観察等、常識は季節や生き物。図形は分割など、さまざまです。

たとえば、しょうがくしゃから発刊されている、基礎ワークがありますが、このレベルならできる!というのが私の中のだいたいの基礎かなと思います。

でも、これだけでは全然たりませんよ。そうですね・・・ピグマリオンやこぐま会から単元別問題集等が発刊されているのはご存知でしょうか。そういった単元別をみると、たくさんあるなあと思いますが、一通りはできていくことを目標にしながらお勉強されてはどうでしょうか。(TSUBASA通信教育のはじめての小学校受験シリーズもよろしくです。。汗)

これもお勉強をし続けなければならないのであって、実は三男君、引越しの準備等があって、全く最近お勉強にかまってやれてないんです。おそらく何もいまできません。

ゴールデンウィークあけにはやるぞ!!って思ってるんですが。いや、もう年中の模試もはじまっているので、かなりピッチあげていきますよ。

ただね。年少下ですよね。プリント漬けにしないで下さいね。もっと大きく、ものの浮き沈みを実際にやってみるとか、鏡がどうなっているのかとかを具体物でしらべてみたりだとか、興味をもってものごとに接することのできるお子様にするようにしてほしいなと思います。

私が一番、思うのが、長男はこのころ、小学校受験に合格するためにお勉強をしていたのではありません。あくまで、小学校受験のお勉強をかりる中で、長男自身がたのしんで、ものごとに興味深く接することのできる子にそだってほしいとはじめたお勉強なんですね。

すると、ママもあせらず楽しくなってくると思いますよ。

実体験ってそういうことです。じしゃくがくっつくのはどれ?というプリント1枚にしても、実際の感覚をつかんでるのか、ペーパーで覚えたのかでは雲泥の差ですし、じしゃくの興味、わくわくをしっているのはどちらでしょうか?

じしゃくをつかって、釣りのあそびをしたり、砂鉄にふれてみたり、磁力というのを教えてあげたり・・・小学校受験の幅をこえてもっと成長できるのかなと思うんです。

ペーパーだけでなく、お料理を一緒にする中でも、2分割、3分割ということも学べますし、いろんな経験の中で、脳がフルに回転しますよね。

実体験って、何も難しくかんがえなくても、ママとの生活のコミニュケーションだったりするんではないかなと思います。

あとは、このころ、指先をしっかりうごかすような遊び等をたくさんやっていくといいですよ。

ひよこさん!ありがとうございますね。

あと、rikon さん。咳の件、ありがとうございました。今は大丈夫です。季節の変わり目、かならず咳するんですよ。変わり目かなあ。。。わからないですが1年に3回くらいは、から咳みたいなを連発しだします。。気をつけます。ありがとうございます。

実は引っ越し、まだ落ち着いてないという情けなさですが、またブログかいていきますね♪

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

点つなぎと、好きな子について。

もうすぐ、引越しなんです。あともう3,4日ですね。でもね、なんかまだまだ荷造りができていなくて、やばいなあと内心思っているんですよ。

今日はなんかとりとめのない話をかきます。引越しなので全然お勉強もできていないのでね。

引越し先は今よりもちょっと不便なんですね。というか今がとても便利すぎなんで。それでみんなに絶対に「4人も子供いるのに免許とりなよ」っていわれるんですが、車を運転するなんて私にとっては恐怖そのものなんですよ。

というのも、実は小さいころにバイクとトラックの事故を目の前でみたんですね。バイクのお兄ちゃんが目の前で宙をまって、そのあと全身痙攣ですよ。それから、いつもいつもどこかにその記憶があるんですよね。そんなことあまりあることじゃないのはわかっているんですが、どうしてもね、その映像が自分の中で消せないんですよね。

ね、今日はとりとめのない話でしょ。笑 私とお茶でもしていると思ってよんでください。。

あ、そうだ質問をいただいているので先にそれにお答えします。

●点つなぎは定規をつかうんですか?ということです。

普通はつかわないと思ってください。点つなぎというのは、空間認識の力と運筆力をみています。もちろん丁寧さもですが。

なので、定規をつかってしまうと、運筆力がみれないですよね。点つなぎはナナメの線がいちばん難しいです。発達段階において三角をかくのがポイントであるのとおなじことです。ナナメの線がかけないときはその練習をするというよりも、積み木や他のおもちゃをつかって訓間認識の力を高めてくださいね。

さて、今日はね、ちょっと面白い話です。うちの子ってね、僕今だれだれが好きなのってすごく言ってくるんですよ。兄弟ともに。

私ね、それがとてもうれしいなって思っているんです。そういうことをママにいってくれることがね。

3年生はわかるんですが、1年生とかでも好きな子がいるんですね。私は5年生で好きな子がいたので、なんかすごいなって思ってしまいました。

それで熱くかたったわけですよ。(何やってんだか・・・私)

好きなら、好きっていえばいいじゃん。男らしくない。とか。そしたら「え~だってそんなんはずかしいもん~~~」とかぐにゃぐにゃになって。

他の子にいってもらうとかいうんですよ!!全く男らしくない。君が好き!って潔くいえば私なら惚れるんじゃなかろうかとか・・・パパも昔そういってくれたからつきあったんだなとか。。

何か真剣に私が話しているのが面白いみたいでケラケラわらうんですよね。全く。。。

うちは、次男がもてるんですよね。ラブレターの山。。。でも、もてるのはとてもいいことですよね。なんか魅力があるんでしょうね。

ですが、好きな子ってコロコロかわるようでね・・・そんなもんですか??私もなんでいろいろと好きな子がかわるの??って聞いたんですが。。私は小学校5年生で好きだった子は高校にはいっても好きなくらいの勢いだったんですがね。

で、その話をしたら「だれだれ~~」って聞いてくるので、何何?この思春期な感じ 笑。と楽しんでいたんですよ。

「いうわけないじゃん。」っていうとパパにきく~とかいうから、「いや・・・パパもしらんし」とかまじめにいったりして 笑。

ちょっと・・・・今日のブログよくわからんなあ。。この好きな子談義、ずっと私に相談してくれたらいいなって思っちゃいました。でも、そんなのマザコンですよね。笑 

女の子の気持ちはママがよくわかるのになあって思ったのでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小中高一貫校と、最近のこと。

今、ほんとにダンボールで家がいっぱいです。泣 3月の末で引越しをするのですが、子供の絵本と本だけをとりあえずつめてみました。これだけでもダンボールに6箱ほどありました。めっちゃあるやんと独り言をつぶやきながら、家中の荷物をみて、絶対まにあわんわ~と思っているところです。

で、最近は近所のお友達のランチのラッシュです。こんなにいろんな人に毎日さそわれるなんて私みたいなんでもほんとに好かれていたんだなと、みんなに感謝していますよ。

この土地にもう8年ほどいたことになるんだなあって・・・なんだかしみじみと思ったり、あたりまえのように周りにいた人達もふっといなくなると思うとちょっと悲しいなと思うこともあったりなのですね。

でも、新しいところでもがんばろうって、洗濯物に追われる毎日の中で考えているんです。

と、最近はそういう状況なのでお勉強も全然なのですよ。普通に自習とかやってもらっている感じで。

で、darmさんから質問があったのでお答えしますね。

小中高一貫校に通われているんですね。おなじですね。こちらご質問の抜粋です↓

●小学校のうちに英検を上の級までとって、中学に行った時に1教科浮かせた時間を苦手教科に回した方がまだいいのではないかとか。中学受験の問題が、中学に入ってからの勉強にどれだけ役に立つのだろうとも思います。内部進学とはいえ、外部生と同じ試験を同じ日に受験しなければいけないので、内部受験生の、受験準備って何をしたらいいのか、と
�考えるようになりました。素直に担任の先生に聞くべきかしら。学校だけの課題をしっかりこなせば十分なのか、過去問は自分でやるべきなのか、もっと他に準備がいるのか・・。よその一貫校ってどうでしょう。

私は素直に担任の先生に聞かれるのが一番と思いますよ。

うちは、受験はないです。あるのですが全員進学できます。だから甘えるわけではないのですが、私の考えってちょっとかわっているのかもしれませんが、これって全部ママがどうするかっていう計画ですよね。

でも、本人はどう思って、何を勉強したくて、何に興味があるんでしょうか。

今一年生だとそんなに思わないかもしれませんが、私は上のお兄ちゃんがもう次は小4なので、自分のやりたい意思でやりたいことを調べていってお勉強したり興味をもってとりくんでほしいと思っているんですね。

なので、英検!!とか思った時期もありましたが、違うのかなって思ったり。役に立つお勉強ではなくて、興味をもって自らどんどんやりたいことをやるということが、あとでとてものびるのかなって思っているんです。でも、私の思うこともあるときは、英語の暗唱をやっていくと将来とても役にたつよってお話したりもします。基本的に相談ですね。

小4になったら、ブラスバンドに入りたいと思っているらしく、そうなったら毎日とてもハードです。それとお勉強を両立させていく意思とかそういうのを育てたいとおもっているんです。

ごめんなさいちょっと趣旨からずれているかもしれませんね。でも、うちは先生に相談したらおなじことをいわれました。この子がほんとに興味もってやりたいことをどんどんさせてあげてくださいって。

それでいろいろと私は提供したりしていますが、結局本人が決めて自分でとりくんでいます。それがもしかするととても効率の悪いお勉強だとしても、それでもいいかなと思っています。

ということで、参考になったかしら?ちょっとだけお役にたてればいいかなと思います。

では、引越しまでには、またブログかきます。きっと、かきますよお。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとだけ悲しかったこと。

今日は学校の保護者会でした。下の子をつれていき、猛ダッシュで帰ってきて三番目くんを自転車でむかえにいく・・・もう倒れる寸前でしたが、(というか倒れた)どうしても心にひっかかでいたことがあるので、やっぱりかきとめておこうと思ったのですね。

実は先日、長男の学校の先生から電話がありました。先生はとてもすばらしく、いいこともよく電話してくれるのですが、今回は悪いことでした。

それは、お友達とふざけあっていて、調子にのってお友達のふでばこを隠したりして遊んでいたということ。それでそれをみて調子にのったほかの子が加担して、結局授業がはじまるときにまでその子の筆箱がなかったので・・・ということでした。

私は兄弟の遊びをみていていつも「相手のいやなことを喜ぶ遊びはいじめと同じだよ。相手が笑っていようが関係ないよ。されていやなことを小さくてもしたらそれはお友達を傷つけているんだよ」ということを言うんです。

兄弟が多いので、1人に対して2人がわ~って、悪ふざけがはいってということがたまにあるので、それはきつくしかってきたのですがね。

かえってきてからは、お勉強は中止でしたよ。とことん話しあいましたね。

忘れ物をしたり、いろいろなことで叱ることはあるのですが、今回はやはりママはとても悲しかったよ。というお話をしました。

1人の子の後ろにはその子を愛してくれているご両親がいる。その人たちまで傷つけることになるんだよ。

という話をしました。

今回は、3年生の男の子にはよくあることかもしれませんが、私はこの件をとてもちゃんとお話したいと思いましたね。

1人の人の後ろには、その人を愛している、大切にしている人たちがいる・・・・そういうことを分かる人間になってほしいと思います。

高校のときに、クラスで孤立している子の家に遊びにいったことがあるんですよ。(私、不良の子からオタクさんまでかなり幅広く顔だしていたので)

そのときに、その子のお母さんが私に涙で握手してくれたんです。

「うちの子のところにまた遊びにきてあげてね。今日はほんとにきてくれてありがとう」って。

その手の温度とかね。なんだろ。すごく今でも忘れることができないです。そのときに、人ってみんな1人だけれど1人じゃないんだって痛感したんです。だから、孤立している子とかほっとけなくなりましたね。

これから先、子供達に1番に願うことは、あの子がいるから幸せな気持ちになる。あの子がいるから嬉しくなる、と思ってもらうことです。

そのために、言葉というものも大切にしてほしいなって思うんですよ。

がんばってねとか、ありがとう、とか。まわりの人を勇気づけられる言葉が自然に出てくる人になってほしいですね。

そういうことを、しっかりとむきあって話をしたのでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

四方からの観察を具体物で。

なんかね。突然、しーんと仕事がヒマになる瞬間があるんですね。(ほんとに1時間とか)逆に動揺しちゃたり 笑。

だから、これをのがすまいとブログをかくことにしたんですよね。

最近、三男くんにやってもらっているのは四方からの観察の具体物バージョンです。

積み木を四方からどうみえるのかとか、回転図形とか、鏡とか、そういうのって空間認識能力ですよね。

これを、今しっかりつけとかないとちょっと年中さんにあがってペーパーをこなすときにしんどいだろうと思っています。

これ、何をやっているかというと積み木の数をかぞえましょうとかのペーパーをみながら私が矢印をいれて、そこから見たものを積み木でつくってくださいってやっているんですよ。

Photo_2

平面的につくってもらっています。別に積み木じゃなくてもシカクのカードでもいいんですけどね。

わからないときに、じゃあ、右手には何階だての建物がくる?とよく私は聞きます。

何階建て。これ結構ききますよ。何段ある?とかちょっとピンとこなくてね。

右に3階立てと左に2階建てがみえていると思う。みたいなだと、縦という暗黙のルールができます。(あ~わかりにくいですかね)

いきなりペーパーだと選択肢になるでしょ。そしたら、なんとなく~これ、になると思うんです。そういうのはちょっと不安ですし、しっかり身につけてもらいたいなって。

で、こういうお勉強の途中からこうなります↓

223

いいの?これって感じでしょ。。。。。

何回いっても机にのるんですな。もう、ヘトヘトになっております。

みんな、なんとなく別にのっていることが普通みたいなモードでしょ。

もう、私にとってお勉強の5-7時はほんとに戦闘モードです。あ、でも7時からのご飯もこれまた戦闘モードです。

3月の確定申告が終わるまでパパは夜中12時まわってかえってくるので、疲労がMAXなのですなあ。。。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ご質問のお答えと高田塾のご紹介